幻想だとしても

ヨガにまつわるエトセトラのうち、
オーラ、チャクラ、気、そういう目には見えないエネルギーについて、
恐らくあるんだろうな、とは思いつつ、今まであまり実感がありませんでした。
(オーラがある人ってのは素人目にも分かるんですけどね)。
別にまだ自分には分からなくていいや、ぐらいに考えてましたし。

さて、本日の逢う魔が時のレッスン。

最後のシャバアサナのあとのプチ瞑想タイムに、
なにか光のようなエネルギーの流れが、大地からカラダを通り、
頭頂から空へ抜けるような感覚を味わいました。
それは強烈な体験ではなく、ずっと身を任せていたいような穏やかな感覚と共にありました。

詰まってた鼻が通ったような、ずっと理解できなかった難問が解けたような、クリアな気分・・・♪

まあ最近、別のレッスンで、呼吸に合わせてスシュムナー(脊椎骨にある穴?)の中を
光(気)の流れをイメージするよう言われていたので、
頭の片隅にそのイメージが残存していていただけかもしれません(笑)。

でも、幻でも良いのデスよ!
ひとときでも満ちたりた気分になれたら御の字と思いませんか?

ふわふわと軽い足取りで、忘れ物(←ホント、ヨガ後は忘れるね~)をとりに別のスタジオに寄ったら、
久しぶりにお会いした先生から
『お元気そうですね~。オーラが出てますよ~』
とかなんとか、言われちゃいました!

嬉しいのと気恥ずかしさもあって、思わず顔が赤くなってしまいました(笑)。

私は『独特の雰囲気がある』(良くも悪くも。でもたぶんネガティブな面で)とは
度々言われたことがありますが、『オーラがある』という表現で評されたことは無いです。
オーラがある人になりたいと憧れてますけれど、ね。

ヨガではイメージすることが大切と言われます。

どんなヨガでも、前向きな意識だけは忘れずにいたいと思います。

※追記
この特別な感覚はこの日だけで、翌日からまったく通常です・・・ほほほ。
[PR]
by ayura_88 | 2006-04-05 23:38 | ヨガの日記
<< ヨガ2年生。前編 でた!次の課題 >>