苦しくも楽しいヨガの旅

1日お休みして、本日は睡眠不足ながらやるきは満々。

先生は先週もレッスンを受けたT先生。

先生はニューヨークでアヌサラ・ヨガを長く勉強された方で、
毎回テーマを持った独特のメソッドが楽しくも新鮮で、私は大変気に入ってしまいました。

で、今日のテーマは「困難への挑戦」。

自分には出来ない、無理だと思った事柄に対して、どうやってその壁を超えるのか。

テーマに合わせて、レッスン内容も動きはスローなのにハードです。

腕がブルブルと震え、途中、寝不足のせいか脳が酸欠状態で意識が白ーくなりながらも(←呼吸が出来てなかったのかな?)楽しいヨガの旅を続けましたよ、V(ブイ)。

腕力や太ももの筋肉を使うポーズを、
定番のドックポーズに織りまぜながら繰り返すため、
最初はキツく感じたドックポーズが、カラダを休めるためのポーズへと変わっていくのが興味深かったです。

より難易度の高いポーズに挑戦することで、振り返ると、
難しく思えたポーズが容易なものへと変化している・・・。

先生が気付かせたかったポイントのひとつはそこだったのですね〜♪

そうそう、先生からのまた聞きですが、
来日していたウィル・ケンプ氏がヨガの魅力として
【動きと呼吸と心が一体化する瞬間が至福だ】とかおっしゃっていらしたそうです(ちょっとうろ覚え)。

ふ〜む、私は・・・まだまだのようです。
[PR]
by ayura_88 | 2005-04-14 21:49
<< 電車の訓練 7日目にしてダウン >>