できない人ののんきな悩み

あわよくば、英語が上達するんじゃないかしらぁ?

と、お気楽さと度胸だけで英語のヨガクラスに出ているのですが・・・やっぱり言葉の理解力って重要かもデス(今さらですが)。

私の場合、謙遜ではなく、できないのレベルがかなり低いんです(中学英語すら疑問)。

知ってる単語を拾おうと耳に集中してると、
軽くキンチョーして筋肉が固くなるのが分かります。
先生や周りを“チラ見”すれば一応はカタチになるけど、
ドリスティ(視線)が定まりません。
その結果、そわそわと集中ができず、効果や精度が落ちてしまう気がします。

先日、初めてリストラティヴヨガを受けました。
たくさんの道具を使うのに驚きましたが、親切な生徒さんに手伝ってもらったり、予め先生にも“エイゴ、シャベレマセン”と申告していたので、頻繁にポーズのチェックをしてくれとても助かりました。

でも、高めのマットや、ずっしりと重い“おもり”、その道具が私には合わないようで、じっくりと長いポーズで得られる効果(負荷?)が強すぎるのです。

『負荷が強すぎます』が伝えられなくて、先生に指示されるままのポーズを続けていたら、回復のはずが、腰のあたりに重さが残ってしまいました。(ハァ)

目新しいレッスン内容で楽しかったのですが、
なにかがやっぱり違うかもっていう気がしちゃいます。

一番重要なのが、先生の言葉のパワーがきちんと伝わってこないこと。

ポーズをとっていてなんだか取り残されたよーな気分になる時があります。
慣れれば解消される・・・ということでもどうやらなさそう。

【じゃ、出なきゃいいじゃん】
【そう思うなら少しは勉強したら?】

あ、はい、ごもっともでございます。



愚痴っぽく書いてますけど、すべては私個人の語学力の無さによるもので
レッスン内容はステキですよ〜!

[PR]
by ayura_88 | 2005-07-26 15:08 | ヨガの日記
<< バタバタ中 捨ててます! >>